★イラクを始めとする世界中の平和を願う人たちの輪、イラクホープネットワーク(=イホネット)の情報を随時掲載中★メルマガ『イホネット通信』も配信中★


by iho-net-core
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   緊急ピースマーチ
       アジアの抗議に応えよう!
        ~「反日」デモは日本政府の責任~

     日時 2005年4月22日(金) 11時~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   中国で「反日」デモが続く中、
   日本政府はその責任を中国政府に転嫁させようとしています。
   メディアの報道もまるで、中国の「反日」教育問題があるかのような
   報道がなされています。
   かつて、日本軍に侵略され、植民地にされた側に立って今の事態を
   考えてみようということを社会に訴えるため、今週の金曜日、
   緊急ピースマーチをすることにしました。
   出来るだけ多くの人に参加して欲しいと思っています。

連絡先 ピースボート事務局 
TEL:03-3363-7561
FAX:03-3363-7562
担当:野平晋作

集合:11時  芝公園4号地(都営三田線 御成門駅A6出口)
出発:11時半 
解散:12時半
道順:芝公園4号地→神谷町→(桜田通り)→虎ノ門→文部科学省前
   →霞ヶ関2丁目→西幸門前→日比谷公園西幸門内 解散

 連日、中国における「反日」デモが報道されています。町村信孝外相は中国での
「反日」デモによる日本人や日本の公館などの被害に対し、中国政府に謝罪と補償
を求め、「一言陳謝の意があれば、日本人の気持ちもよりよい方向に転換される」と
述べています。また、日本のメディア報道では、「反日」デモによる日本人の被害
ばかり報道し、かつて日本軍が中国に対して何をしたのかというう根本原因に触れ
ることはほとんどありません。

 日本の市民の皆さん、もう一度一緒に考えてみませんか? 
 そもそも中国で「反日」デモが広がったのは、小泉首相が過去の侵略戦争の
責任者が祀られている靖国神社を訪問したり、日本の過去のアジア諸国に対する
侵略戦争や植民地支配を正当化する歴史教科書を文部科学省が検定で合格
させたためです。1972年の日中共同声明では、「過去において日本国が戦争を
通して中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省
する」という文言が謳われています。過去の侵略戦争に対する反省は日中国交
正常化の大前提であったはずです。中国人が日本軍に殺されたり、生物化学
兵器の人体実験の対象にされたりといった話を日頃おじいちゃんやおばあちゃん
から聞いて育った中国の若い世代が日本の過去の侵略戦争を正当化する教科
書を許せると思いますか?
 戦争は過去のことでも歴史教科書の記載内容は今の問題です。日本の子ども
たちにとっても、ヒロシマ、ナガサキの悲劇(被害者は日本人だけではありません)
を伝えることが重要なのと同様に、日本軍がかつて中国で行ったこともきっちりと
日本の教科書に記載することが未来に同じ過ちを繰り返さないために必要なのだ
と思います。

 人を殴っておいて、その殴られた人が怒ったとき、「もっと冷静になろうよ」と
殴った側が言うのはおかしいと思いませんか?
 日本の市民が今なすべきことは、まず日本政府に中国政府と中国の市民に
謝罪させることであり、そして、過去の日本の侵略戦争を正当化する扶桑社の
教科書の検定合格を撤回させ、今後、小泉首相に靖国神社への参拝を取りやめ
させることです。

                                ピースボート有志
[PR]
by iho-net-core | 2005-04-19 22:16 | ★各種イベントご案内