★イラクを始めとする世界中の平和を願う人たちの輪、イラクホープネットワーク(=イホネット)の情報を随時掲載中★メルマガ『イホネット通信』も配信中★


by iho-net-core
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:≪緊急企画≫( 3 )

↓転送・転載歓迎↓

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
  
   ◆ イ ラ ク の い ま ◆
   
  ~ 二人のイラク人・女性医師に聞く ~

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 イラク戦争開戦から4年―――
 治安回復のきざしがいっこうに見えない中、
 構図の見えない対立は激しい暴力の応酬を繰り返し、
 市民の暮らしと安全は悪化の一途をたどるばかりです。

 日本の市民のイラクへの関心も次第に薄れ、
 メディアも犠牲者の数を機械的に伝えるだけに
 なってしまった今こそ、イラクで暮らす人々の声を
 聞かなければなりません。

 イラク第2の都市バスラから、研修のため来日中の
 二人の医師に、メディアが伝えないイラク国内の
 人々の暮らしや医療の現状について伺います。
 ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。


≪お話≫ ガフラン・サバ医師(35歳)
     アンサム・サリ医師(35歳)
 共にバスラ母子保健病院の小児科医。専門は新生児。

「私たちは、イラク南部・バスラ市の医師です。
 私たちの国は、長い間あらゆる種類の戦争に苦しめ
 られています。人々は、理由もなく殺されています。
 侵略者たちは“人間”に何の関心もありません。
 子どもたちは、侵略者の強欲を満たすためだけに、
 その生命を奪われています。彼らは、私たちの
 精神と肉体を抹殺しようとしています。
 しかし、私たちの意志は、彼らよりもはるかに
 大きなものです。期待と希望を、そして皆さんの
 ような暖かい友人を持っている限り……」


≪聞き手≫ 国井 真波(JIM-NET/JCF看護師)

●日 時:2007年2月4日(日)
      午後5時30分 開場/午後6時 開演
●場 所:文京区民センター(文京区本郷4-15-14)
     2階2A会議室/都営地下鉄 春日駅A2
     出口すぐ上/営団地下鉄 後楽園駅徒歩
     3分/JR水道橋駅 徒歩13分)
●参加費:500円

≪共催≫
  イラクホープネットワーク
          < http://www.iraq-hope.net >
  NPO法人PEACE ON
          < http://npopeaceon.org >
  JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
          <http://www.jim-net.net/ >
  CADU-JP(劣化ウラン廃絶キャンペーン)
          < http://www.cadu-jp.org >
≪協力≫
  セイブイラクチルドレン札幌・
  市立札幌病院未熟児センター、他

===========================================

        ◆お問い合わせ◆
     TEL/FAX:03-3823-5508(PEACE ON)
     Eメール:iraq_hope_net@yahoo.co.jp

===========================================
[PR]
by iho-net-core | 2007-01-18 02:40 | ≪緊急企画≫
【イホネット通信 第106号 2006/7/2】

■イホネット(イラクホープネットワーク)です。
 報道でもわずかに流れていますが、現在イラク西部の都市、
 ラマディへの米軍の集中攻撃が激化しています。
 イホネットでは緊急に、ブッシュ大統領に同市への攻撃を
 停止するよう訴える署名をインターネット上で開始しました。
 すでに世界中、各方面へ呼びかけのメールが転送されています。

 ぜひ一人でも多くの方に署名して頂くようお願い致します!
 以下、相澤恭行さんからのメールをお届けします。


□□□□□□□□□□□□□■緊急署名のお願い■□□□□□□□□□□□□

 アメリカに
 イラクにおける暴力を止めることを求める緊急嘆願書
                 への署名のお願い

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

親愛なるみなさま

お世話になります。PEACE ONの相澤恭行です。

イラクでは、見せかけの政治プロセスの裏で、治安は一向に改善
しないどころかむしろ悪化の一途であり、その中で多くの市民の
命が奪われていることは、PEACE ONのメンバーならびにイラク
問題に関心を寄せる皆様におかれては、様々な情報からある程度は
認識されているでしょうし、深く心を痛めていることと思います。

現在激しい掃討作戦が展開されているバグダードのドーラ地区に
住むPEACE ON現地スタッフのサラマッドの家族は、モスクの責任者
である父親と母親を残して、弟と妹たちは皆郊外の親戚の家に
避難しています。サラマッド自身はイラクへの帰国を家族に反対
されていて、いまだ妻アマラと共にフランスで待機しています。
「家族が心配で夜も眠れない。気が狂いそうだ。
 今すぐイラクに帰りたい・・・」
と嘆く彼の苦しみは計り知れません。

これまで拙ブログ http://peaceonyatch.way-nifty.com/peace_on_iraq/ 
でも繰り返し紹介してきたように、このようにとりわけ首都バグ
ダードの状況が最もひどいと言われてきましたが、ここ最近では
南部のバスラ、サマーワ、そして中部ラマーディなど、各地での
状況も日増しに悪化しています。他にも多くの友人、知人が、
イラクから避難しています。

昨年個展のため来日したイラク人画家ハニ・デラ・アリさんから
昨夜届いたメールによると、ラマーディ在住の彼の母親と兄弟が、
あまりの状況悪化から近郊の町ヒート(ハニさんの故郷でもあり
ます)に逃れ、酷暑のなか水も電気も不十分な避難生活を余儀なく
されているそうです。

また、先達ても少し触れましたが、ラマーディで高遠さんの友人の
お兄さんが交通事故にあい、病院に運ばれる途中に米軍の検問に
阻まれて命を落としてしまいました。


以上は今年4月から始まったラマーディにおける米軍の包囲攻撃に
よる悲劇のほんの一端にすぎません。

他にも、これまで伝えてきたように、各地の治安悪化の要因は確か
に様々です。連日報道される爆弾テロから、シーア派民兵による
スンナ派市民の拷問殺害。このように煽られた宗派対立によって、
もはやイラクは内戦状態とも伝えられていますが、こうした混乱
の元凶はやはり米軍による違法なイラク侵攻から始まる占領統治の
失敗ではないでしょうか。

現在もラマーディやバグダードで展開されているように、「武装
勢力の掃討作戦」と称した米軍中心の軍事攻撃を激化すればする
ほど、一般市民の犠牲も増え続け、その反動としての暴力も激化し、
治安がさらに悪化していくという悪循環に陥っているのです。

当たり前のことですが、こうした混乱の犠牲はいつも私たちと同じ
一般市民です。これ以上の犠牲を一人でも減らすために、私たちに
今何が出来るのでしょうか。

PEACE ONも参加しているイラク支援NGOのネットワーク、イラク
ホープネットワークでは、高遠菜穂子さんの友人の兄の死をきっ
かけにして、ブッシュ米大統領宛ての「イラクにおける暴力を止め
ることを求める嘆願書」を、弁護士などの協力を得て準備いたし
ました。詳しくはHPをご覧になってください。
http://www.iraq-hope.net/


申し入れ書を読んでいただければわかりますが、今回はラマーディ
における軍事作戦の中止に焦点を絞っています。もちろんイラク
全体の暴力を止めなければならないのですが、身近で具体的な
事例を挙げられるところから、ひとつひとつ確実に声を届けて
いこうという判断です。

そこでぜひ、みなさまにも署名をお願いしたいと思います。
署名は英語ですが、HPに日本語での解説も載っています。そして、
多くの人にこの署名を広めてください。英語の紹介ページもあり
ますので、 http://www.iraq-hope.net/english.htm 
外国人の友人知人にも大いに広めていただければ嬉しいです。

もちろんこの署名だけで暴力が止まるほど世の中甘くないのは、
人間の盾でも戦争が止まらなかった現実を現場で体験した自分に
とって百も承知であります。それでも、何もしなければやはり
何も変わらないし、むしろそれは現状を支持していることと同義
だと思います。一人の声、一人の署名でも、多く集まれば
そこから大きな力が生まれる可能性が生まれます。
たとえどんなちっぽけな可能性でも、そこに可能性がある限り、
やってみる価値はあると思うのです。ちっぽけな一人一人から
かき集めた税金は、やがて戦争という巨大な暴力に使われる可能
性もありますし、実際は残念ながらそれが現実となってしまって
いますが、その逆の方向に動かす可能性だって、私たちちっぽけ
な一人一人がもっているわけですから。



◇NPO法人PEACE ON代表 相澤恭行‘YATCH’のイラクレポート
 < http://peaceonyatch.way-nifty.com/peace_on_iraq/ >
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【イホネット・HP】 < http://www.iraq-hope.net/ >
【イホネット・NEWS】 < http://ihonews.exblog.jp/ >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イホネット通信■
配信申込/アドレス変更/退会/バックナンバー
→→< http://groups.yahoo.co.jp/group/iho-net-friends/ >
[PR]
by iho-net-core | 2006-07-03 00:30 | ≪緊急企画≫

命の水プロジェクト



浄水場が空爆され、この暑い夏に水不足が起きているそうです。
詳細は、緊急で立ち上がった『命の水プロジェクト』のページをご覧下さい。
[PR]
by iho-net-core | 2005-08-07 03:34 | ≪緊急企画≫